売りポジションいったんクローズ。

午後3時くらいに一度吹き上がったドル円、そして英国指標で跳ね上がったポンド円でしたが、結果的に大きく下落し、ドル円は110.5円割れ、ポンド円も143円台へと下落しました。
先ほど売りポジションはいったん全決済しました。
110円にやはりバリア的なものがあると一時的に跳ね返る可能性があること、ある程度利益が出たので、110円割れトライか戻り売りのチャンスを狙いたいことなどか理由です。
NY市場で110円割れにトライし始めたら素直にドル円売ります。

その後明日の東京市場でまた吹き上がったら売ります。

何にせよ、ひと段落してしまった感が有るので、次の展開を待ちます。
それにしても、トランプ氏の弾劾は本当に起きるのでしょうか?

かなり現実味を増してきてますが、アメリカ大統領の早期退職はあまり見たことがないですね。。。

いろんな意味で注目です。
それでは取り急ぎでした。

コメントを残す